【プロの裏技】メイクが崩れない!汗をかく時期でもヨレないメイク!

暑がりなのでマスクの下は夏は勿論のこと冬でも鼻周りに大量に汗が滲む、元々皮脂量が多い肌質でメイクがヨレやすく夏のマスクメイクは最悪で人前では絶対にマスクが取れない……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。

マスク着用時はただでさえ摩擦や蒸れによってメイクが浮きヨレやすいものですが、そこに汗や皮脂の過剰分泌が加わると更に崩れも酷くなってしまいますよね。

本記事では、汗をかく時期でもヨレない! マスクを着用しても不快に崩れないベースメイクのコツとは? について紹介します。

目次

肌の保湿はメイク前段階で完璧に行っておく

肌の保湿 化粧水
肌の保湿 化粧水

大人になっても皮脂分泌量が多くギトギトしやすい場合、元々そういった肌質であるかインナードライ状態になっていることが考えられます。

インナードライは肌の内側に水分が足りないために、乾燥から肌を守ろうとして皮脂の過剰分泌がなされる状態のことを指します。

マスクを着用すると肌は摩擦や蒸れ、発汗といった複数の原因から乾燥しやすくなるので、普段ベタつきが気になる場合でも必ず保湿は行ってください。

表面のヌルつきが好みではない方はさっぱりしたテクスチャかつ浸透力が高い化粧水をよく叩き込み、その上に美容液を重ね最後にクリームかオイルで肌の水分が逃げないよう蓋をしましょう。

日焼け止め・化粧下地は油分が少ないものを選ぶ

化粧下地 日焼け止め
日焼け止め

日焼け止めや化粧下地のテクスチャはメイクのしっとり加減を大きく左右します。

油分が多いものを使うと肌は乾燥から守られるものの、質感がベッタリとしたり皮膜感が気になってしまうでしょう。

腕などに液を出して馴染ませてみて、ベタつきやテカリを感じるものは油分が多いタイプなので暑い時期は控えた方が無難です。

夏のマスクメイクでは日焼け止め・化粧下地は油分が少なく、塗った時にサラサラ肌に仕上がるものを選ぶことをオススメします。

特に崩れやすい鼻筋には皮脂プライマーを薄塗りする

Tゾーン

顔の中でも額から鼻にかけてのTゾーンは特に皮脂分泌量が多い部分です。

鼻周りは汗をかきやすく、更に鼻筋の凸部分はマスクの上端と頻繁に擦れるため皮脂が多く分泌されると簡単にヨレてしまいます。

鼻の汗やテカりが酷くピンポイントでヨレる場合は、鼻筋に皮脂プライマーを薄く細く塗布するといいですよ。

皮脂プライマーは特に皮脂分泌量が多い肌でもベタつきを吸収しサラサラな質感を保つ働きを持っており、皮脂ヨレやテカリを解消するのに役立ちます。

ただし皮脂プライマーは塗布すると液の塗り跡が目立つので、鼻筋に使用する際は上からハイライトを重ねてカバーするようにしてください。

仕上げはパウダーファンデかフェイスパウダーがオススメ

ファンデーション
ファンデーション

ベースメイクの仕上げにファンデーションを使っている方も多いかと思います。

ファンデーションの中でも油分量が多いリキッドファンデやクリームファンデ、クッションファンデは夏の時期に使用するとヨレたり酷く崩れるリスクが高まります。

一方でパウダーファンデーションは軽く肌に乗せる程度ならふんわりとした質感に仕上がるので、上記のファンデーションほどはベタつきにくいです。

特に皮脂量や汗量が多く、またあまり肌トラブルが気にならないならフェイスパウダーを使用することもオススメです。

フェイスパウダーはファンデーションよりも軽い使用感なので皮膜っぽさもないですし、メイク崩れもしにくくもし崩れても軽く済むのでお直しが簡単という大きなメリットがあります。

それでも不安な方は最後にベビーパウダーやパウダーシートを活用

上記の対策をまとめて行えば肌の内側は潤い表面はサラサラ肌になるので、肌のベタつきやメイク崩れは起きにくくなります。

それでも不安な方は、メイクの最後の仕上げとしてベビーパウダーをベタつきが気になる箇所に薄くはたいてください。

またはパウダー配合の汗拭きシートを軽く肌に乗せるのでも構いません。

シートの場合は軽く肌を押さえる程度でも効果があるので、くれぐれも力を入れて拭かないようにしましょう。

これらのアイテムには皮脂吸収パウダーが配合されていたり収れん作用があるので、肌のベタつきやテカりを更にケアすることができます。

ベビーパウダーもシートも持ち運びしやすい携帯用が売っていますから、1つカバンに入れておくと安心できますよ。

まとめ

マスクメイク コスメ
マスクメイク

暑い時期のマスクメイクは蒸れや擦れに加え、皮脂や汗の分泌も盛んになることからサラサラ肌を保って崩れないベースを作ることがカギとなります。

秋冬と同じアイテムを使い続けているとヨレやすくなるので、油分量が少ないものに切り替えたり皮脂対策ができるコスメを取り入れたりしてメイク崩れを予防しましょう。

スポンサーリンク
目次
閉じる